お知らせ・イベント・コラム

NEWS & EVENT イベント(イベント名)

PAGE TOP

住宅ローン

2017.12.25

住宅ローンの返済が苦しくなったら迷わず相談

住宅ローンを借りようとしている時に、返済の話題を書くのもなんですが、住宅ローンとは一度借りたら最長35年間の長いお付き合いになります。

その間、借りた人の人生設計が予定通りにいくことは、ほとんどないと言ってよいでしょう。

 

実力主義が徹底された会社では、将来の給与が増える保証はありません。

また、共働きを予定していても子育てが大変で、仕事を辞めざるを得なくなった事例はいくらでもあります。

特に夫婦の収入を合算して審査していた場合は、それにより住宅ローンの返済が厳しくなります。

 

今回は、住宅ローンを借りる前に、住宅ローンの厳しい面をあえて自覚することで、無理のない借り入れにつなげて頂けたらと思います。

安城市の注文住宅の工務店、ホロスホームです。

頭を抱えた男性

住宅ローンの管理の仕組み

 

銀行などで住宅ローンの借り入れが終わると、その後は借入者は法律上、「債務者」という立場になり、銀行に住宅ローンの返済をする義務が発生します。

なお、ここで覚えておいて欲しい言葉が「期限の利益」という文言です。

 

銀行に一度に多額の融資をしてもらいながら、返済は毎月の分割払いで良いのは「債務者」が「期限の利益」を有しているからなのです。

従って、長期延滞などで「期限の利益」を失うと、残額を一括で返済しなければならなくなります。

 

銀行では貸している住宅ローンが、毎月確実に返済されているか確認し、返済が遅れる延滞状態に陥っている場合は、延滞月数ごとに「債務者」を管理します。

 

運命を左右する3ヶ月と6ヶ月延滞跨ぎ

 

少し大げさな小見出しに感じるかもしれませんが、延滞月数は3ヶ月を跨ぐか、6ヶ月を跨ぐかで局面が大きく変化します。3ヶ月延滞までは、銀行の女性オペレーターから督促の電話が入ったり、督促状などで入金を促します

当然、早めに危機感を持って入金し延滞を解消すれば、自宅が無くなることはありません。

 

しかし、延滞が3ヶ月を跨いでしまうと、大抵の銀行は専任の担当者にその「債務者」の債権が個別管理され、督促がより厳しくなります

従って、延滞してしまった方は、今まで督促が女性オペレーターだったのに、行員に変わったら、相当危機感を持つ必要があります。

そして、担当者が行員に変わると、「債務者」面談などで実際に会う機会が多くなり、そこで今後の返済計画を話し合います。

場合によってはこの段階で、法的整理よりも自宅が高く売れる「任意売却」を選択する「債務者」もいます

最後に、延滞が6ヶ月を跨いでしまうと、銀行側では対応不可ということで保証会社に「代位弁済」されます。

保証会社は連帯保証人の役割を担っていますから、この「代位弁済」を引き受けますが、ほとんどの銀行の抵当権者が保証会社になっているように、保証会社に移った債権の正常復帰は難しく、抵当権を実行され「競売」で債権を回収します。

 

 

法律により住宅ローンの相談体制が整備

 

2000年代の金融危機、2008年のリーマン・ショックにより、企業だけでなく家計も打撃を受け、安全と言われた住宅ローンでも延滞が増加しました。

当初は、銀行側の個別対応によっていましたが、2009年に金融庁が中小企業や個人を対象とした「金融円滑化法」を制定しました。

この法律の狙いは、銀行側により柔軟な対応を求めたのが特長で、数年間は利息だけの支払いや金利の引き下げなど、この苦しい時期に何とか延滞させない施策でした。

「金融円滑化法」は2013年で失効しましたが、金融庁の通達により、銀行側には今まで通りの対応を求めています。

銀行に延滞で相談に行くのは、何か恥ずかしいことのように感じる人が多いのですが、銀行と今後の返済計画についてよく打ち合わせをすることは、延滞解消のためにとても大切です。

また銀行側としても、このように積極的に何とかしたいと相談に来る「債務者」には、何とかしてあげようとするものです。

 

 

まとめ

 

この文章を読むと、住宅ローンに抵抗感を感じるかもしれませんが、上記の事例はあくまで無理な借り入れをした場合の顛末です。

余裕を持った借り入れをしていれば、上記のような事態には陥りません

借入額に不安がある方は、客観的な第三者に診断してもらうと良いでしょう。

ホロスホームでは資金計画・ライフプランの作成を無料で承っております。お気軽にご相談下さい!

ご予約はこちらから

 

 

住宅ローン関連のコラム一覧

 

【目次:住宅ローンコラム】

1:安心できる住宅ローンの借入限度額はどれくらいなのか

2:住宅ローンではどれくらいの費用がかかるのか(上編)

3:住宅ローンではどれくらいの費用がかかるのか(中編)

4:住宅ローンではどれくらいの費用がかかるのか(下編)

5:住宅ローンの流れを、マンションと注文住宅で比較してみる

6:住宅ローンを組んだら生活保障の見直しをしましょう!

7:住宅ローン控除を最大限活用する(前編)

8:住宅ローン控除を最大限活用する(後編)

9:一部繰上返済制度を活用して総返済額を減らす

10:平成30年(2018年)の住宅ローン金利動向を予測する

11:最初のローンが肝心、借り換えをお勧めできない理由

12:住宅ローンの返済が苦しくなったら迷わず相談←今回のコラム

13:個人信用情報機関を正しく理解しましょう

14:「平成30年(2018年)は住宅購入最後のチャンス(前編)」

15:「平成30年(2018年)は住宅購入最後のチャンス(後編)」

16:「共働き夫婦におすすめの住宅ローンの「デュエット」とは?」

17:「変動金利と固定金利の良いとこどりのミックスプランとは?」

18:「住宅ローンの新規では変動と固定どちらが多いのか」

19:「住宅ローンを使って建てた家を勝手に貸してはダメな理由」

20:「親の贈与を受ける場合のメリットとデメリット」

21:「長期優良住宅の家づくりをするときに適した住宅ローン」

22:「住宅ローンを組む時に「自然災害特約」は付けるべきか」

23:「住宅ローン審査もアプリの時代へ」

24:「ネット銀行の審査が一般的な銀行と違う理由」

25:「ライフプランに合わせられる、新生銀行の住宅ローン」

26:「変わり始めた住宅ローン勢力図。メガバンクVS地方銀行」

27:「変動金利の金利上昇ルール「5年ルール」と「125%ルール」とは」

28:「日銀展望レポートから見る、今後の住宅ローン金利動向」

29:「フラットは何故どこでも借りられるのか、その構造を理解しよう」

30:「2月の住宅ローンは固定金利が大幅上昇!今後の行方は?」

31:「銀行が勧める、短期固定金利の住宅ローンの危険性」

32:「イオンをよく利用する人はイオン銀行が便利でお得?」

33:「ゆうちょ銀行の住宅ローン利用には注意が必要」

34:「世界同時株安NYダウは過去最大の下落!住宅ローン金利に与える影響は?」

35:「ライフプランに合わせた住宅ローンの返済額の作り方」

36:「住宅ローンを抱えて離婚したらどうすればいい?」

37:「住宅ローンを組む事が不安な方にオススメの制度」

38:「被災された方は災害復興融資の利用を(前編)」

39:「被災された方は災害復興融資の利用を(後編)」

40:「預金連動型住宅ローンの注意点(前編)」

41:「預金連動型住宅ローンの注意点(後編)」

42:「3月の住宅ローン金利、長期固定金利が軒並み低下」

43:「住宅ローンを組む時に、安易な収入合算には要注意」

44:「財形住宅融資制度について、わかりやすく解説します(前編)」

45: 「財形住宅融資制度について、わかりやすく解説します(後編)」

46:「フラットの買取型と保証型の違い、何がどう違うのか」

47:「フラットが9割超融資で金利を引き上げた意味」

48:「三井住友信託銀行の住宅ローン自動返済、メリットと注意点」

49:「余分なカード信用枠は住宅ローン審査にデメリット」

50:「住宅ローン利用者の裾野を広げた「全国保証」とは?」

51:「財務省信頼失墜!増税延期と住宅ローン金利の深い関係」

52:「50年型住宅ローンのメリット・デメリット」

53:「あなどれない、JAバンクの住宅ローン」

54:「住宅ローンの返済には、ボーナス併用払いを利用すべきか」

55:「世界標準の住宅ローンとは?リコースローンとノンリコースローン」

56:「2018年4月の住宅ローン金利は低下予想」

57:「フラット35利用者への借り換えを勧誘することは禁止されています」

58:「女性専用住宅ローンを最大限活用しましょう」

59:「職業の特性によって、住宅ローンの選び方を決める方法」

60:「転勤や借り換えした時の住宅ローン控除の再適用について」

61:「2018年4月の住宅ローン金利と5月の見通し」

62:「フラットの団体信用生命保険と民間の生命保険、どちらがお得?」

全ての要望を叶えた
本物の木の家が1500万円で実現

安心の耐震性にシンプルで洗練されたデザインをプラス。
さらにメンテナンスやリフォームを見据えて柔軟に対応できる。

WORKS 施工事例

創業から50年以上に渡り、一邸一邸心を込めてお客様の「夢をかたちに」するお手伝いをしたお住まいをご紹介します。

HOLOS HOMEに興味がある方はどうぞお気軽にご連絡下さい

tel.0120-411-185営業時間:10:00~18:00 (水曜日定休)

  • 資料請求・お問い合わせ
  • モデルハウス見学予約